wooden starfish

アニメ、ゲーム中心のヲタク活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣 7.5巻

原作7.5巻を読みました。
.5巻は主に召喚戦争をやらないサイドストーリーですね。

表紙に見たことのない?キャラが乗っていた。
お、新キャラ出るのかな?
と、思いましたが、よ~~く見てみると、明久の女装ですね。

7.5巻は

僕とダウトと男の尊厳
 雄二、明久VS翔子、瑞希の脱衣ダウト対決
 4位が2枚、3位が1枚脱ぐという罰ゲーム付トランプ対決


僕とホンネと召喚獣
 学園長が試験召喚システムの操作系統を調整し、
 意識と無意識の間を読み取り、半自動化させ、
 そのテストをFクラスに行わせる話。
 無意識の行動はより本能に近いものが多く、
 そこから自動化のために自己の形成をさせたとしたら
 その人格は幼児に近いものになる。
 幼児程度の行動原理があり、自我を持った召喚獣。
 つまり、本能に従い、自我を持った召喚獣による暴露大会の話でした。
 明久に甘える美波の召喚獣はかわいかった
 

僕と福引と闇の鍋
 福引で海の幸があたったが、商店街で
 瑞希とあい、瑞希&玲が料理をすることになった。
 なんとか、闇鍋という形で料理させるのを防いだが…。
 

ウチと日本と知らない言葉
 美波が日本に来たばっかりの頃の話。
 日本語が分からないため友達を作ることのできない美波、
 うまくいかず日本語を勉強するやる気もなくなるが、
 明久の行動によって打ち解けることができた話でした。
 ウチと呼ぶようになった理由がわかり、
 明久を好きになったのが分かる話でした。
 あったばかりの頃は、勘違いをし、嫌っていたんですね。
 心温まる話でした。


日本に来たばかりの美波の話と召喚獣の暴露大会は凄い良かったです。
闇鍋の話は気になる終わり方をしました。
この話は8巻に続きますよねたぶん。

出たばかりですが、早くも次の巻が楽しみです。

バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫) (ファミ通文庫 い 3-1-10)バカとテストと召喚獣7.5 (ファミ通文庫) (ファミ通文庫 い 3-1-10)
(2010/02/27)
井上堅二

商品詳細を見る

テーマ:バカとテストと召喚獣 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://woodenstarfish.blog40.fc2.com/tb.php/257-b6d1c35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。