wooden starfish

アニメ、ゲーム中心のヲタク活動日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣 ~6.5巻

バカとテストと召喚獣~6.5巻までの8冊を読み終わりました。

今週中に読み終わるなんて言ってましたけど、
本当に全部読んでしまいましたね・・・。

シリーズ物の作品はひとつ読むと世界観の把握など
2度する必要は無いので、さらさら読めました。

~6.5巻までの感想書いておきます。


3巻:
 学力強化合宿の話でした。
 おしりに火傷のある女子生徒を探さないといけないことから
 合宿所のお風呂を覗くことになる話でした。
 途中から、当初の目的から逸脱し、覗くことがメインに
 なってしまっていました。

3.5巻:
 ~3巻までのサイドストーリーでした。
 如月ハイランドのプレオープンに雄二と翔子が参加するエピソードも
 3.5巻には収録されていました。
 主人公視点ではないサイドストーリーがあったのがよかった。

4巻:
 明久と美波と美春のエピソードでした。
 美波がかわいらしいのが良かったです。

5巻:
 明久の姉:吉井玲が登場。生活態度、成績が悪かったら一人暮らしを
 やめさせられるという話。
 何巻かで名前だけは出てきて、明久が嫌そうにしていたのが、
 なぜだったのかよく分かりました。

6巻:
 期末試験後の夏休み前の補習の話。
 試験召喚システムのメンテナンスの失敗で、召喚獣が妖怪に。
 肝試しを行うことになります。 
 姫路瑞希との中に進展あり?

6.5巻
 ・木下秀吉の姉:優子が主役の話
  メインキャラの秀吉の双子の姉で、容姿はそっくり。
  という分かりやすく、良い設定であるのに
  今まで目立つことの無かったお姉さんが主役の話。
  お姉さん、今まで目立つこと無かったのに…。
  このエピソードで木下優子、好きになりました。

 ・夏休み、おなじみメンバーでの海水浴
  海水浴場でのどたばたストーリー。
  海水浴場でのナンパ、祭りでのミスコン参加など。
  
 ・雄二と翔子の小学5年生の時の話
  雄二が神童と呼ばれてた頃の話、翔子が雄二を慕うようになった理由。
  雄二、翔子がメインの話で、ちょっと泣けるいい話でした。


既刊全巻読んでみて
バカで鈍感な主人公:吉井明久とくっつきそうでくっつかない
ヒロイン:姫路瑞希と島田美波を中心に展開される学園物語で、
基本的には試験召喚システムで何かを行うのですが、
目的や、行動がバカっぽくて面白い作品でした。

キャラクターも個性豊かで、キャラクターの個性を生かした
展開や内容もあり、よくできていて面白かったです。

私的TOP3はこの3人!

1:島田美波
2:木下優子
3:工藤愛子


7巻は体育祭の話かな?楽しみです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://woodenstarfish.blog40.fc2.com/tb.php/229-e25758fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。